愛らしい瞳がもっと輝く為に・・・

トイ・プードル

特徴

耳道入口・耳道内に毛が密集していて、鼓膜周辺の耳垢や分泌物が毛に絡まり、耳炎をおこしやすい。耳道入口の毛は抜くことができる。しかし鼓膜周辺の毛はビデオオトスコープを使わなければ安全に抜くことは難しい。そのため耳炎が治りにくく耳を掻くことが多い。毛に絡まった分泌物を放置すると耳炎は再発し耳道入口が臭う。

症例1 耳道内の毛が多い

耳道内にある多くの毛

初診時 R(右耳)

 

 

 

 

 

症例2 カールタイプの毛(鼓膜外側面凹部の毛のタイプ)

PAGETOP
Copyright © 犬猫耳の病院 All Rights Reserved.